エネルギー コモディティ

2016年石炭市場の展望

石炭

中国成長鈍化と輸入規制で二重苦

  • 中国は、成長の鈍化に加え、国内の石炭生産会社の支援の為、今年7月に低品質な石炭の輸入を制限する方針を打ち出しており、同国の低品質石炭の輸入は前年比で30%以上減少している。高品質な豪州炭は、中国の輸入規制の恩恵を幾分か受ける結果となったが、低品質のインドネシア炭は行き場を失い、総じて需給バランスは悪化している。
  • 中国は、国内の生産会社支援の方針を打ち出している以上、来年、需要が幾分か持ち直しても、輸入が急回復する可能性は低い。一方で、インドの輸入は増加を続けており、来年は、中国の輸入減少分をほぼ補完し、世界の需要を下支えする見通しである。
  • 一方で、供給は、豪州の生産量が今年は減少しているものの、来年以降は増加に転じる見通しである。また、北米、南アでも緩やかに増加する見込みであることを鑑みると、来年もグローバル現物市場における供給過剰構造は続き、需給環境が改善されるのは2017年以降となるであろう。

PDFレポート 2016年コモディティ市場展望PDF

2015年12月18日

アースエレメンツ・アドバイザーズ/リサーチ


本サイトに掲載のすべての情報はあくまでも情報提供を目的としており、取引や投資に関する判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA