ニュース

トランプ政権のエネルギー政策

トランプ大統領

トランプ政権のエネルギー政策

アメリカ第一主義のエネルギー計画

ドナルド・トランプ氏は20日、米連邦議事堂で開かれた大統領就任式で宣誓し、正式に第45代米大統領に就任した。トランプ大統領は、就任直後に、ホワイトハウスのウェブサイトにて、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉または離脱などを含め、エネルギー、外交、雇用・経済、軍事、司法、通商など6つの分野において政策を明らかにした。

トランプ米新大統領の政策は年4%の経済成長の達成を目指すものだとしている。経済や通商の分野においては、米エコノミストや投資家の評価はまちまちで、経済成長4%は達成は難しいとの意見は少なくない。一方で、エネルギーの分野においては、「アメリカ第一主義のエネルギー計画(An America First Energy Plan)」と題したエネルギー政策は、希望が持てる分野だとの評価もあり、注目が集まっている。

アメリカ第一主義のエネルギー計画のポイント

トランプ政権のエネルギー政策「アメリカ第一主義のエネルギー計画」の主なポイントは以下の通り。

  • エネルギーコストを削減し、米国内の資源を最大限に活用し、外国石油への依存から脱却
  • 米気候行動計画(Climate Action Plan)など、有害で不要な政策の廃止
  • 50兆ドル相当のシェールオイル、シェールガスのエネルギー資源の生産を拡大し、雇用を増やす
  • エネルギー開発・生産で得られる収入により、道路、学校、橋などの公共インフラ投資をおこなう
  • クリーンコールテクノロジー(CCT)と米石炭業界の復興をコミットする
  • OPECカルテルへの依存から脱却する
  • 中東の同盟国と、反テロ戦略の一環として、「ポジティブ」なエネルギー関係を構築する
  • 環境への責務を果たし、クリーンな空気、クリーンな水を保護し、自然環境を保護する
  • 米国環境保護局(EPA )に水と空気の保護へ再び注力させる

コモディティ市場への影響

米国のエネルギー政策は、世界のエネルギーコスト、そして世界経済に大きな影響を与えることは言うまでもない。コモディティ市場においては、WTI原油、ブレント原油、米天然ガス市場、LNG市場、石炭市場などのエネルギー市場のみならず、農産物市場、畜産物市場などエネルギー価格に影響を受ける多くのコモディティ先物市場と現物市場への影響が予想される。先物価格への影響は、短期より長期価格の影響が中心となるが、日本が輸入する原油、LNG、石炭、穀物なども含め、今後コモディティ価格の見通しを考える上で、重要なファンダメンタル要因となるであろう。ただし、市場によっては、具体的な政策などが発表される前後においては投機的な動きも予想される。

株式市場への影響

米国のエネルギー政策は、世界中の石油・ガス・石炭の開発・生産をおこなう企業、パイプラインなどの生産インフラの製造・運営をおこなう企業、石油製品・化学製品などエネルギー製品を製造・販売する企業、そしてエネルギーコストへの依存度が高い電力・ガス・運輸業などの業界への影響が予想される。それぞれの業界・企業の長期的な収益構造や投資計画への影響が予想されるため、基本的には長期的な影響が中心となるが、業界・企業によっては、具体的な政策などが発表される前後においては、投機的な動きにも注意が必要だ。


スポンサーリンク

アメリカ第一主義のエネルギー計画(全文)

以下、ホワイトハウスのウェブサイト、「アメリカ第一主義のエネルギー計画(An America First Energy Plan)」(2017/1/20)より

An America First Energy Plan
Energy is an essential part of American life and a staple of the world economy. The Trump Administration is committed to energy policies that lower costs for hardworking Americans and maximize the use of American resources, freeing us from dependence on foreign oil.

For too long, we’ve been held back by burdensome regulations on our energy industry. President Trump is committed to eliminating harmful and unnecessary policies such as the Climate Action Plan and the Waters of the U.S. rule. Lifting these restrictions will greatly help American workers, increasing wages by more than $30 billion over the next 7 years.

Sound energy policy begins with the recognition that we have vast untapped domestic energy reserves right here in America. The Trump Administration will embrace the shale oil and gas revolution to bring jobs and prosperity to millions of Americans. We must take advantage of the estimated $50 trillion in untapped shale, oil, and natural gas reserves, especially those on federal lands that the American people own. We will use the revenues from energy production to rebuild our roads, schools, bridges and public infrastructure. Less expensive energy will be a big boost to American agriculture, as well.

The Trump Administration is also committed to clean coal technology, and to reviving America’s coal industry, which has been hurting for too long.

In addition to being good for our economy, boosting domestic energy production is in America’s national security interest. President Trump is committed to achieving energy independence from the OPEC cartel and any nations hostile to our interests. At the same time, we will work with our Gulf allies to develop a positive energy relationship as part of our anti-terrorism strategy.

Lastly, our need for energy must go hand-in-hand with responsible stewardship of the environment. Protecting clean air and clean water, conserving our natural habitats, and preserving our natural reserves and resources will remain a high priority. President Trump will refocus the EPA on its essential mission of protecting our air and water.

A brighter future depends on energy policies that stimulate our economy, ensure our security, and protect our health. Under the Trump Administration’s energy policies, that future can become a reality.

アースエレメンツ・アドバイザーズ/リサーチ 2017年1月23日

本サイトに掲載のすべての情報はあくまでも情報提供を目的としており、取引や投資に関する判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。