米国株ニュース

米国株、ダウ反落、ヘルスケア安い、テスラは2.47%上昇(16日)

マーケットニュース、市場動向

ダウ反落、ヘルスケア安い、テスラは2.47%上昇

[3/16 ニューヨーク終値]
ダウ 20,934.55 -15.55 -0.07%
S&P500 2,381.38 -3.88 -0.16%
ナスダック 5,900.76 +0.71 +0.01%
S&P500VIX 11.63 -0.67 -5.45%
10年米国債利回り 2.538 +0.034 +1.37%

16日のニューヨーク株式市場では、金融株やハイテク株に買戻しが入る一方で、ヘルスケアや公益事業に売りが集まり、軟調な展開となった。ヘルスケア株は、トランプ米大統領が発表した予算教書(ブループリント)において、アメリカ国立衛生研究所への予算が58億ドル縮小されたことをうけて売りが集中した。ダウのヘルスケア銘柄は、メルク-0.80%、ファイザー-0.58%、ジョンソン&ジョンソン-0.39%、ユナイテッドヘルス-0.28%と軒並み下落した。

本日トランプ米大統領は、2018会計年度の予算教書を公表し、アメリカ国立衛生研究所への予算が17年の317億ドルから259億ドルへ、58億ドル縮小する内容となったことがヘルスケア株の売り材料となった。

ニューヨーク時間8時30分に発表された米失業保険申請件数は24.1万人と市場予想を24万をやや上回ったものの、米失業保険継続申請件数は203万人と市場予想205万人を下回った。また、フィラデルフィア連銀製造業指数 (3月)は32.8と市場予想30.0を上回った。

ダウ銘柄では、IBM+0.81%、アメリカン・エキスプレス+0.68%、ゴールドマン・サックス+0.58%、ホーム・デポ+0.53%、コカコーラ・カンパニー+0.31%、アップル+0.14%などが上昇した。デュポン-1.08%、シェブロン-0.94%、メルク-0.80%、ユナイテッド・テク-0.65%、ファイザー・インク-0.58%などが下落した。

S&Pの個別セクターでは、「金融」、「IT」が上昇し、「公益事業」「ヘルスケア」が下落した。

テスラ(TSLA)は、 Tesla Model 3とバッテリーの製造などのため、11.5億ドル規模の増資を発表したことにより、同社株価は2.47%上昇した。CEOのイーロン・マスク氏も2500万ドルの株を取得するとした。
関連市場見通し

米国株価見通し

米国株式市場の展望

 

スポンサーリンク

エレメンツキャピタル/リサーチ

本サイトに掲載のすべての情報はあくまでも情報提供を目的としており、取引や投資に関する最終判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。