原油価格ニュース

EIA石油在庫統計:原油在庫524.7万バレル減 原油は買い加速(10日)

マーケットニュース、市場動向

EIA週間石油在庫統計(米エネルギー省エネルギー情報局)

[5/10 23:30 NY 10:30]
原油在庫 -524.7万バレル
ガソリン在庫 -15万バレル 
中間留分在庫 -158.7万バレル
クッシング在庫 -43.8万バレル
製油所稼働率 91.50% -1.80%

原油生産 931.4万バレル/日 +2.1万バレル/日
原油輸入 762万バレル/日 -64.4万バレル/日
原油輸出 69.3万バレル/日 +15.5万バレル/日

ガソリン需要 940.8万バレル/日 +25.2万バレル/日
中間留分需要 413.9万バレル/日 -11.7万バレル/日
(+/-はすべて前週比)

市場予想:原油在庫-178.6万バレル、ガソリン在庫-53.8万バレル、中間留分-101.3万バレル、製油所稼働率-0.20%

原油在庫524.7万バレル減 原油は買い優勢

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油在庫統計によると、原油在庫は、市場予想178.6万バレル減を上回り、前週比524.7万減となった。

原油の輸入は64万バレル減少、輸出は16万バレル増加したことにより、原油在庫は、市場予想を上回る大幅減少となった。地区別(PADD別)データでは、メキシコ湾岸地区(PADD3)の原油輸入が84万バレル減少したことが目立った。原油生産量は12週連続の増加となり15年8月以来の水準まで回復した。ガソリン需要は4週間ぶりに増加した。

原油相場は、原油在庫減少予想を織り込み、WTI6月限先物は、発表前までに前日比+0.75ドル、46.63ドル付近まで上昇していた。在庫統計が発表されると、予想を上回る原油在庫の大幅減少を好感し、買いが加速した。発表後約10分で47.00-05ドル付近で取引されている。

テクニカル面では、3月安値47.10-60ドル付近を上抜けるか注目が集まる。

原油見通し

原油価格ニュース


 
スポンサーリンク

エレメンツキャピタル/リサーチ

ご注意事項:本サイトに掲載のすべての情報はあくまでも情報提供を目的としており、取引や投資に関する最終判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。