市況ニュース

米国株、ダウは上昇、ソロス、GS、ブラックロックなど保有開示でスナップは8%上昇(15日)

マーケットニュース、市場動向

ダウは上昇、ソロス、GS、ブラックロックなど保有開示でスナップは8%上昇

[5/15 ニューヨーク終値]

ダウ 20,981.94 +85.33 +0.41%
S&P500 2,402.35 +11.45 +0.48%
ナスダック 6,149.67 +28.44 +0.46%
VIX 10.42 +0.02 +0.19%
10年米国債利回り 2.3415 +0.0158 +0.68%

15日のニューヨーク株式市場では、週末に大規模なサイバー攻撃が発生したことにより、サイバーセキュリティ関連株が高かった。また、原油価格が大幅上昇したことで、石油株にも買いが集まった。また、長期金利が上昇したことをうけて金融株も買われた。ダウ工業株30種平均は、前週末比85ドル33セント(0.4%)高の2万0981ドル94セントで取引を終えた。ナスダック総合株価指数は+28.44ポイントの6,149.67で取引を終えた。ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数は最高値を更新した。

前週金曜日から世界各地の病院や企業などが大規模なサイバー攻撃を受けたことにより、ファイアーアイ(+7.51%)、シマンテック(+3.19%)、パロアルトネットワークス(+2.70%)、チェックポイントソフトウェア(+2.57%)などサイバーセキュリティ関連株が高かった。また、セキュリティー関連に事業の軸足を移しているシスコシステム(2.33%)も買われた。

サウジ、ロシアが9カ月減産を支持すると表明したことをうけて、原油価格が大幅上昇したことで、シェブロン(+0.84%)、エクソンモービル(+0.30%)などに買いが集まった。

10年米国債利回りが上昇したことで、JPモルガンチェース(+0.48%)、ゴールドマンサックス(+1.03%)など金融株も買われた。

JPモルガンにより投資判断を「中立」から「オバーウェイト」へ引き上げられたジョンソンアンドジョンソンは+2.71%上昇した。JPモルガンは、目標株価を133ドルから140ドルへと引き上げた。

画像・動画配信のスナップ(+8.36%)は、前週12日に、ジョージソロス、ゴールドマンサックス、フィデリティ、バンガード、ブラックロック、サード・ポイントなどが株を保有していたことが、米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになったことで、買いが集まった。

朝方発表された、5月ニューヨーク連銀製造業景気指数は-1.0(予想 7.3・前回 5.2)、5月米NAHB住宅市場指数は70(予想 68・前回 68)となった。米経済指標は強弱まちまちで、株式相場への影響は限定的となった。

ムニューシン米財務長官は、G7閉幕後の記者会見で「保護主義は採りたくないが、貿易が自由・公正でないと考える場合、米国は保護主義的になる権利を留保している。バランスの取れた貿易を求めている」と述べた。

S&Pセクター別騰落率
素材 0.84%
金融 0.77%
エネルギー 0.62%
ヘルスケア 0.59%
ハイテク 0.56%
一般産業 0.45%
生活必需品 0.39%
公益 0.36%
不動産 0.34%
一般消費財 -0.01%
通信サービス -0.24%

ダウ上昇銘柄
ジョンソン&ジョンソン +2.71%
シスコシステムズ +2.33%
キャタピラー +1.70%
アメリカン・エキスプレス +1.08%
ゴールドマン・サックス +1.03%
シェブロン +0.84%
ウォルマート・ストアーズ +0.77%
IBM +0.76%
マクドナルド・コーポ +0.63%
スリーエム +0.54%
ビザ +0.54%
JPモルガン・チェース +0.48%
ファイザー・インク +0.33%
コカコーラ・カンパニー +0.32%
エクソンモービル +0.30%
インテル +0.28%
ホーム・デポ +0.26%
デュポン +0.20%
プロクター&ギャンブル +0.16%
マイクロソフト +0.07%
ユナイテッド・テク +0.07%

ダウ下落銘柄
ベライゾン -1.00%
ナイキ -0.80%
ウォルト・ディズニー -0.51%
ボーイング・カンパニー -0.47%
ゼネラル・エレクトリック -0.32%
トラベラーズCO -0.28%
アップル -0.26%
ユナイテッドヘルス -0.16%
メルク -0.09%

米国株式市場見通し

最新市況ニュース

スポンサーリンク

アースエレメンツ・アドバイザーズ/リサーチ

本サイトに掲載のすべての情報は万全を期しておりますが、その内容の信頼性、正確性および完全性について当社が保証するものではありません。取引や投資に関する最終判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。