マーケット速報

バーレーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト 「安全保障上の理由」からカタールとの国交断絶

マーケットニュース、市場動向

バーレーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプトは、5日「安全保障上の理由」からカタールとの国交断絶を宣言した。

サウジアラビア政府、アラブ首長国連邦、バーレーン政府は、カタールの外交使節団に対し48時間以内の退去、カタール国籍の渡航者、在住市民に対し、14日以内の退去を求めた。

バーレーン、エジプト、サウジアラビア、エジプトは、「安全保障上の理由」でカタールとの航空便の運航を停止した。

現地メディアによると、カタールは、アルカイダの思想を広め、ISISなどテロリスト組織のテロ行為を、サウジ、バーレーン、イエメンやシリアで支援している疑いがもたれている。

カタールは、65.6万バレル/日の原油を生産しており、50.7万バレル/日の原油、44.8万バレル/日の石油製品を輸出している。また、同国は、世界のLNG供給量の約3割に相当する7800万トン/年のLNGを供給している。

市況ニュース

スポンサーリンク

エレメンツキャピタル/リサーチ

本サイトに掲載のすべての情報は万全を期しておりますが、その内容の信頼性、正確性および完全性について当社が保証するものではありません。取引や投資に関する最終判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。