米国株ニュース

米国株、ダウは上昇、金融、ネット関連に買い戻し バイオ製薬のインサイトは10%超上昇(30日)

マーケットニュース、市場動向

ダウは上昇、金融、ネット関連に買い戻し バイオ製薬のインサイトは10%超上昇

[8/30 ニューヨーク終値]

ダウ 21,892.43 +27.06 +0.12%
S&P500 2,457.59 +11.29 +0.46%
ナスダック 6,368.31 +66.42 +1.05%
VIX 11.22 -0.48 -4.10%
10年米国債利回り 2.136 UNCH

30日の米株式相場は、北朝鮮情勢への過度な警戒が後退したことで、ハイテク株や金融株に買い戻しが入り上昇した。S&Pの業種別セクターではハイテク、素材が上昇したが、公益、電気通信サービスなどが下落した。

4-6月期の米実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から上方修正され、市場予想も上回った。8月のADP全米雇用リポートは非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増えた。トランプ米大統領は、午後に米ミズーリ州で税制改革に取り組む意向を表明した。市場では、時間が限られている中、現時点で議会に歩み寄る姿勢が見られないことは、懸念視されている。

バンクオブアメリカ(+1.19%)は、ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイが前日に筆頭株主になったことで、買いが集まった。ゴールドマンサックス(+1.12%)、シティグループ(+0.77%)、モルガンスタンレー(+0.68%)、JPモルガン(+0.23%)など金融株にも買い戻しが入った。

アナリストが強気の見方を示したことで、動画配信のネットフリックス(+3.48%)に買いが集まった。アリババ(+2.35%)、アマゾンドットコム (+1.42%)、フェイスブック(+1.11%)、グーグルのアルファベット(+0.84%)など他ネット関連株にも買い戻しが入り堅調となった。

バイオ製薬のインサイト・コーポレーション(+10.64%)、ギリアド・サイエンシズ(+7.25%)、バイオジェン(+3.46%)は、軒並み上昇した。インサイト・コーポレーションは、製薬のイーライ・リリーと共同で、来年1月までに、関節リウマチ向け治療薬の新薬承認申請を米食品医薬品局(FDA)に再提出すると発表したことが買い材料となった。

ヒューストンにハブ空港をもつユナイテッド航空(-1.38%)は、熱帯低気圧「ハービー」の影響で、前日に約2000便を欠航としたことで、業績悪化懸念が広がり売りが続いた。サウスウエスト航空(+0.12%)は、ハービーの影響で、ヒューストンのインターコンチネンタル空港とルイジアナ州のニューオーリーンズ国際空港で通常運航への復旧が9月5日となっていることで軟調となった。

S&Pセクター別騰落率
ハイテク +0.84%
素材 +0.73%
一般消費財 +0.70%
ヘルスケア +0.57%
不動産 +0.49%
金融 +0.42%
一般産業 +0.32%
エネルギー +0.03%
生活必需品 -0.03%
公益 -0.43%
電気通信サービス -0.63%

ダウ銘柄騰落率
シスコシステムズ +1.62%
キャタピラー +1.33%
マイクロソフト +1.31%
デュポン +1.16%
ゴールドマン・サックス +1.12%
ユナイテッド・テク +0.76%
マクドナルド・コーポ +0.69%
インテル +0.46%
スリーエム +0.38%
アメリカン・エキスプレス +0.32%
ウォルト・ディズニー +0.29%
アップル +0.27%
JPモルガン・チェース +0.23%
ホーム・デポ +0.11%
メルク +0.00%
ボーイング・カンパニー -0.01%
ビザ -0.04%
シェブロン -0.12%
コカコーラ・カンパニー -0.13%
ファイザー・インク -0.15%
ウォルマート・ストアーズ -0.29%
ナイキ -0.32%
IBM -0.41%
ユナイテッドヘルス -0.43%
エクソンモービル -0.46%
プロクター&ギャンブル -0.49%
ゼネラル・エレクトリック -0.65%
ベライゾン -0.80%
ジョンソン&ジョンソン -0.86%
トラベラーズCO -0.98%

米国株式市場見通し

最新市況ニュース

スポンサーリンク

エレメンツキャピタル/リサーチ

本サイトに掲載のすべての情報は万全を期しておりますが、その内容の信頼性、正確性および完全性について当社が保証するものではありません。取引や投資に関する最終判断は利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。