月曜日, 10月 3

化学

世界の石油添加剤市場レポート2022-2029キープレーヤー-BASF、アフトンケミカル、ルブリゾール、シェブロンオロナイト
化学

世界の石油添加剤市場レポート2022-2029キープレーヤー-BASF、アフトンケミカル、ルブリゾール、シェブロンオロナイト

2022年から2029年までの世界の石油添加剤市場に関する特定の調査は、最近のトレンド状況と石油添加剤市場の今後の利益に関する統計的認識を提供します。推定期間。これは、業界主導の知識、実用的なソリューション、革新的なアイデア、およびより優れたユーザーエクスペリエンスを提供するための高度な世代の優れた組み合わせによってさらに実証されます。伝えられるところによると、それは、国際産業への参入を望む主要な顧客に大規模な基盤を提供する推進力、機会、新しい傾向、制約、および競争環境を研究しています。 石油添加剤市場レポートの無料のPDFサンプルを入手する: https://marketresearchexpertz.com/report/global-petroleum-additives-market-505695#request-sample 石油添加剤の市場セグメントは、新興地域/国の認識をサポートする地域および地方レベルで評価されます。世界の石油添加剤市場の詳細な評価は、主に定性的な見積もり、生産/消費分析、利益率、および世界の石油の成長見通しの強力な利益を支援する変化する業界のダイナミクスを理解するための他の実質的なコンポーネントに基づいています添加剤市場。 セグメント分析:世界の石油添加剤市場 新しい調査レポートは、世界の石油添加剤市場をエリートメーカー、製品タイプ、アプリケーション、および地理的地域を含む別個のセグメントに分離しました。すべてのセグメントとサブセグメントは、石油添加剤業界のシェアと可能な成長率に基づいて推定されます。これとは別に、私たちのアナリストは、今後数年間で石油添加剤メーカーにとって非常にやりがいのある重要な地域を調査しました。一方、石油添加剤市場の地域ごとの分析には、業界のプレーヤーが石油添加剤市場全体について深い洞察を...
化学

高吸水性ポリマー市場の主要企業、SWOT分析、主要指標、2031年までの予測

Increasing awareness of healthcare and personal hygiene among people around the world is one of the key factors enabling the growth of the global superabsorbent polymer (SAP) market. According to an analysis by Future Market Insights (FMI), the market is expected to grow at a CAGR of 4.8% between 2021 and 2031. The chemical industry has recorded significant growth in the last few years and is expected to continue to grow in the near future. Due to the expanding use of superabsorbent polymers in the medical and agricultural fields, the SAP market is expected to reach a valuation of US $ 9.18 billion in 2021. Increasing demand for superabsorbent polymers in the chemical field will drive growth from 2021 to 2031. North America, Europe and East Asia are the major markets for superabsorbent...
化学

断熱材市場の最新動向、需要、ダイナミックな技術革新&インサイト 2031年

建設業界や自動車業界からの温度管理やエネルギー効率に関する需要の増加が、断熱材の需要を促進する見込みです。Future Market Insights(FMI)の新しい調査によると、断熱材市場は2031年の予測期間終了までCAGR4%以上で着実に上昇するとされています。 断熱材の世界的な需要は、省エネルギーに関連する懸念のために急速に支持を集めています。建設業や自動車産業の操業に伴う排出ガスに関する政府の厳しい規制が、長期的な需要の原動力となっています。建築分野では、断熱材は屋根や床などの建築補助構造物の支持にも有効です。 航空宇宙構造のニッチな用途やスマートシティのインフラへの投資が、材料やデザインに重点を置いた製品の研究開発への投資を促進しています。密度、熱伝導率、厚みなど、エンドユーザーごとにカスタマイズされた製品提供は、当面の間、市場の発展に影響を与えるでしょう。 特に新興国の断熱材に対する需要の高まりは、重要な成長機会を提供することになるでしょう。一方で、原材料の価格変動が市場参加者の成長に影響を与えるでしょう。市場ベンダーは、比較的動きの遅い製品でポジションを固めつつ、急成長しているセグメントの成長見込みに注目する傾向が強いと考えられます。 重要な洞察については、PDFサンプル@をご請求ください。 Request a PDF sample @ for important insights. https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-660 断熱材市場調査の主なポイント Key points of insulation market research - 断熱材の売上は評価期間中、CAGR4%以上で増加。 - 建築・建設分野からの強い需要に支えられ、1℃から...
化学

インドの建築用化学品市場は2031年までCAGR13.6%で拡大

建設用化学品の主な用途は、強度、耐久性、作業性の向上です。インドの不動産部門の堅調な拡大、商業および住宅建設プロジェクトへの投資の増加は、インドの建設用化学品市場の需要を促進します。 Future Market Insightsの分析によると、インドの建設化学品市場は2031年末までに217億米ドルの値に達し、2021年から2031年の間に13.6%のCAGRで拡大すると予想されています。 インドで一般的に使用されている建設用化学薬品には、混和剤、防水剤、接着剤およびシーラント、保護コーティング剤、アスファルト添加剤などがあります。建設用化学品の需要は、政府によって開始されたインフラプロジェクトに加え、手頃な価格の住宅プロジェクトが大きな原動力となっています。外国からの直接投資も、今後数年間、同国の売上高を押し上げると思われます。 しかし、COVID-19ウイルスに起因する危機が続いているため、業界の生産と流通チェーンが短期的に低迷しています。建築用化学品の生産に必要な原材料は化学会社によって製造されますが、パンデミック時には厳しい封鎖規制によりサプライチェーンが乱れ、低迷を経験しました。 さらに、インドの建設部門はパンデミックの影響を強く受け、進行中および今後の建設プロジェクトが遅延またはキャンセルされました。 包括的な洞察を得るためのレポートサンプルのご請求は以下から。 https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-in-87 インドの建設用化学品市場に関する調査から得られる主な成果 - インドの建設用化学品市場は拡大を続け、2031年には主にインフラ投資を原動力に21,642百万米ドルの評価額に達する見込みです。 - インドでは、改修・補修用途を原動...
化学

ドライアイス市場は2032年までに3億米ドルに達すると予想されている、FMI調査

冷凍食品の急速な需要の増加と、食品および海運業界全体での冷媒としてのドライアイスの使用の増加は、ドライアイス市場の成長を大幅に促進すると予想されます。運輸業界の目覚ましい成長は、製品の出荷をサポートし、それによってドライアイス市場に目覚ましい収益成長の機会をもたらすと期待されています。食料品店とヘルスケア業界は、今後数年間で長引く輸送旅行が増えることで、ドライアイス市場の成長のための有利な成長機会を生み出すことが期待されています。ただし、長期保管でのドライアイスの不能は、今後数年間でドライアイス市場の成長を抑制する可能性があります。 ドライアイスは二酸化炭素の固体形態です。固体二酸化炭素は、温度の上昇に伴って液体状態に変化することなく、固体状態から気体状態に直接相変化することを特徴としています。そのため、相変化後の残留物は発生しないため、ドライアイスと呼ばれます。ドライアイスの製造プロセスでは、最初にガス状の二酸化炭素を圧縮および冷却して液体の二酸化炭素を生成します。次のステップでは、この液化二酸化炭素を膨張させた後、加圧して固体二酸化炭素またはドライアイスを生成します。ドライアイスは、水ベースの氷に比べて温度が比較的低い(-79度)ため、従来の水ベースの氷の代わりによく使用されます。同時に、液体に溶けず、無駄がありません。世代。 レポートのサンプルコピーをダウンロード @ https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-677 ドライアイス市場:地域別の見通し 世界の地理的地域に基づいて、世界のドライアイス市場は7つの主要な地理的セグメントに分割されます。これらの主要な市場セグメントは、北米、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アジア太平洋、日本、中東およびアフリカ、ラテンアメリカのドラ...
化学

化粧品原料市場の詳細な分析、成長戦略、2030年までの包括的な予測

この化粧品原料市場調査は、ビジネスモデル、主要戦略、およびこの状況で最も著名なプレーヤーのそれぞれの市場シェアの包括的な分析を提供します。主要な影響要因に関する詳細な解説に加えて、収益、セグメントごとのデータ、地域ごとのデータ、および国ごとのデータに関する市場統計が完全な調査で提供されます。この研究は、進化する化粧品原料市場のすべての側面を捉えた最も包括的な文書の1つです。 化粧品原料は、さまざまな化粧品や美容製品に使用される合成化学物質です。伝統的に、これらの成分は着実な需要を目撃してきましたが、最近では、ハーブやオーガニックに対する消費者の好みが進化し、現状が変わりました。 化粧品原料サプライヤーは、消費者の変化する期待に応えるために、主要ブランドと緊密に協力しています。さらに、さまざまな規制の結果として、原材料の供給業者は、国内および国際的な規制に準拠するためにますます精査されています。 グローバリゼーション、そして情報技術の出現により、世界中の人々は、本物のレビューでオンラインで入手できるさまざまな美容製品に気づいています。マーケティングのデジタル化により、これらの製品の提供がシンプルで費用効果が高くなり、消費者が適切な化粧品を選択できるようになりました。 レポートのサンプルコピーをリクエストする@ https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-519 化粧品原料市場:地域別分析 市場はヨーロッパ、アジア太平洋、北アメリカ、ラテンアメリカおよび世界の他の地域に分割されています。ヨーロッパと北アメリカは化粧品原料市場をリードしています。APACとラテンアメリカは化粧品の新興市場です。アジア太平洋地域では、インドと中国が最も収益性の高い市場です。若者のダイナミック...
化学

有機肥料の市場規模、成長分析レポート、2030年までの予測

近年、有機農業が従来の農業よりも優先されています。環境への意識の高まりにより、消費者はより環境に配慮した代替品を支持して主流の食品を放棄するようになりました。 この傾向を考慮に入れて、世界中の政府は、土壌の肥沃度と水の劣化を維持するために、有機農業技術に弾みをつけています。これを背景に、世界の有機肥料市場は巨大な急上昇を経験しており、今後50年間にわたってそうし続けるでしょう。 有機肥料は、消費者がクリーンラベルの食品にプレミアム価格を支払うことをいとわない範囲で、そのような食品へのアクセスを利用するのに大いに役立ちました。したがって、大手メーカーは、研究開発能力の強化に多額の投資を行い、環境に優しい肥料を提供しています。 さらに、家畜糞尿の処分に関する政府の懸念の高まりに起因して、糞尿ベースの有機肥料が最も一般的に使用される肥料であると予想されています。 レポートのサンプルコピーを入手する @ https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-1948 有機肥料市場-競争力のある風景 有機肥料の生産に関与する主要なプレーヤーの一部は次のとおりです。 垂直NV  CropAgro  バイオネイチャーテクノロジーPTELtd。 National Fertilizers Limited ブラジル産のバイオホスフェート BioSTAR Organics Kribhco  カリフォルニアの有機肥料  マルチプレックスグループ Italipollina SPA ユニフロール ウォルトの有機肥料。 これらのプレーヤーは、世界的な持続可能性の懸念と並行して、持続可能で環境に優しい製品を絶えず開発しています...