日曜日, 9月 25
Uncategorized

電動二輪車市場は評価期間中(2022年から2027年)に6.7%のCAGRで成長する態勢を整えています| Yadea、AIMA、Lvyuan、Sunra、TAILG、Lima、BYVIN、Zongshen電動二輪車

環境にやさしい輸送の必要性が明らかに高まっているため、電動スクーターとオートバイの市場は驚異的な成長を遂げています。市場の成長を推進する主な理由のいくつかには、環境問題の高まりと政府の有利な取り組みが含まれます。エネルギーコストの上昇、および新しいエネルギー効率の高い技術間の競争は、市場を前進させると予測されています。 2022年から2027年の予測期間にわたって6.7%のCAGRを登録し、世界の電動二輪車市場は2027年に8603百万米ドルと評価されました。 「世界の電動二輪車市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのMarketInsightsReportsによる新しいレポートは、主要地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、世界の電動二輪車市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 サンプルレポートを入手する:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-electric-motorcycle-market?mode = 126 Yadea、AIMA、Lvyuan、Sunra、TAILG、Lima、BYVIN、Zongshen Electricモーターサイクル、Wuyang Honda、HONG ER DA、Lvjia、Slane、Opai Electric、Supaq、Xiaoda...
Uncategorized

2027年までに巨大な成長を目撃するボアスコープ市場| キープレーヤーは-オリンパス、GE、カールストルツ、SKF、モリテックス、ミットコープ、ビザール、ヤテックス\

ボアスコープの市場規模は、収益の観点から4.3%のCAGRを記録し、2027年までに7億8,810万米ドルに達すると予想されています。 「グローバルボアスコープ市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのマーケットインサイトレポートによる新しいレポートは、主要な地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、グローバルボアスコープ市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-borescopes-market?mode = 126 オリンパス、GE、カールストルツ、SKF、モリテックス、ミットコープ、ビザール、ヤテックス、グラデーションレンズ、レノックスインスツルメント、AIT、シンドラー 製品タイプとアプリケーションによる世界のボアスコープ市場の分割: このレポートは、タイプに基づいて世界のボアスコープ市場をセグメント化します。 柔軟なボアスコープ リジッドボアスコープ アプリケーションに基づいて、グローバルボアスコープ市場は次のように分割されます。 一般産業 自動車 航空宇宙 工事 他の 現在の市場基準が明らかになった...
Uncategorized

トラック隊列走行システム市場分析2022年世界の将来展望2027年、主要なアプリケーション、トレンド、トップ企業-Peloton Technology、Volvo、Scania、Daimler、Navistar、Toyota、Uber

今後5年間で、トラックの隊列走行システム市場は収益の面で27.2%のCAGRを記録し、世界の市場規模は2027年までに4億6,530万米ドルに達するでしょう。自動運転支援システム。これらの車両は、高速道路など、旅行の特定の部分で接続されている場合、互いに一定の距離を自動的に維持します。小隊の先頭にあるトラックがリーダーとして機能し、背後の車両がその動きの変化に反応して適応し、ドライバーの行動をほとんどまたはまったく必要としません。第一に、ドライバーは常にコントロールを維持するため、小隊を離れて独立して運転することもできます。 「グローバルトラックプラトゥーニングシステム市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのマーケットインサイトレポートによる新しいレポートは、主要地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、グローバルトラックプラトゥーニングシステム市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-truck-platooning-systems-market?mode = 126 Peloton Technology、Volvo、Scania、Daimler、Navistar、Toy...
Uncategorized

シャフトドライブバイク市場2022分析は、新しい成長ストーリーを設定する可能性があり、2027年に予測| Mobike、TDJDC、動的自転車、Brikbikes、Beixo、丸石サイクル

今後5年間で、シャフトドライブバイク市場は収益の面で-31.7%のCAGRを記録し、世界の市場規模は2027年までに100万米ドルに達するでしょう。シャフトドライブ自転車は、代わりにドライブシャフトを使用する自転車です。ペダルからホイールに動力を伝達するチェーン。シャフトドライブは1世紀以上前に導入されましたが、スプロケットや自転車用変速機で可能なギア範囲のため、ほとんどがチェーン駆動の自転車に取って代わられました。最近、内歯車技術の進歩により、少数の最新のシャフトドライブ自転車が導入されました。 「グローバルシャフトドライブバイク市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのマーケットインサイトレポートによる新しいレポートは、主要な地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、グローバルシャフトドライブバイク市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-shaft-drive-bike-market?mode = 126 Mobike、TDJDC、Dynamic Bicycles、Brikbikes、Beixo、Maruishi Cycle、E-Cruiser Bikes 製品タ...
Uncategorized

自動車用トリム内装材市場分析には、2027年までの成長、課題、開発戦略の予測が含まれます| Haartz Corporation、Benecke Kaliko、Polyone Corporation、Recticel

今後5年間で、自動車用ソフトトリムインテリア材料市場は収益の面で4.4%のCAGRを記録し、世界の市場規模は2027年までに342億3000万米ドルに達するでしょう。一般にソフトトリムとして知られる自動車用ソフトトリムインテリアは自動車インテリアセグメントに属します自動車付属品のセクターの一部であること。 MarketInsightsReportsによる「GlobalAutomotiveSoftTrim Interior Materials Market Report and Forecast 2022-2027」というタイトルの新しいレポートは、世界の自動車用ソフトトリム内装材市場の詳細な分析を提供し、主要なセグメントなどのセグメントに基づいて市場を評価します。地域。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-automotive-soft-trim-interior-materials-market?mode = 126 Haartz Corporation、Benecke Kaliko、Polyone Corporation、Recticel、Classic Soft Trim、Auto Trim 製品タイプ...
Uncategorized

自動車用バッテリー熱管理システム市場の詳細な範囲2022-2027| 市場の成長に影響を与える重要な側面|マーレ、ヴァレオ、ボッシュ、ゲンサーム、ハノンシステムズ、ダナ、コンチネンタル

自動車用バッテリー熱管理システムの市場規模は6億2,870万米ドルで、2027年末までに3億3,010万米ドルに達し、2022年から2027年のCAGRは26.1%になると予想されています。 MarketInsightsReportsによる「GlobalAutomotiveBatteryThermal Management System Market Report and Forecast 2022-2027」というタイトルの新しいレポートは、世界の自動車用バッテリー熱管理システム市場の詳細な分析を提供し、主要なセグメントなどのセグメントに基づいて市場を評価します。地域。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-automotive-battery-thermal-management-system-market?mode = 126 マーレ、ヴァレオ、ボッシュ、ゲンサーム、ハノンシステムズ、ダナ、コンチネンタル、VOSSオートモーティブ、グレイソン 製品タイプとアプリケーションによって分割された世界の自動車用バッテリー熱管理システム市場: このレポートは、タイプに基づいて世界の自動車用バッテリー熱管理シス...
Uncategorized

エプロンバス市場の動的​​、需要分析、統計、傾向、および2027年までの機会| Cobus Industries、Zhengzhou YuTong Bus、CIMC Tianda、TAM、Weihai Guangtai

エプロンバス市場は収益の面で13.5%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の2億3,510万ドルから、2027年までに3億8,990万ドルに達するでしょう。特に、このレポートは主要な世界市場シェア(売上高と収益)を示します企業、燃料タイプのセグメントは約70%を占める世界市場で比較的大きなシェアを保持し、国内空港はアプリケーションの面で重要なシェアを保持し、市場シェアの62%を占めています。 「グローバルエプロンバス市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのマーケットインサイトレポートによる新しいレポートは、主要な地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、グローバルエプロンバス市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-apron-bus-market?mode = 126 Cobus Industries、Zhengzhou YuTong Bus、CIMC Tianda、TAM、Weihai Guangtai、BYD、MAZ、BMC、Kiitokori 製品タイプとアプリケーションによる世界のエプロンバス市場の分割: このレポートは、タイプに基づいて世界の...
Uncategorized

オートマチックトランスミッショントルクコンバーター市場の洞察2027年までの量、収益、シェア、サイズ予測に関する成長分析| Valeo-Kapec、EXEDY、Aisin、ZF、Yutaka Giken、Schaeffler、Precision of New Hampton

オートマチックトランスミッショントルクコンバーター市場は収益の面で2.9%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の3億5,614万ドルから、2027年までに3億9,935万ドルに達するでしょう。特に、このレポートは世界市場シェア(売上高と収益)を示します主要企業の中で、2018年の単段式の割合は約98%であり、オートマチックトランスミッショントルクコンバーターの割合が最も多いのは6ATトランスミッションで約66%です。 エプロンバス市場は収益の面で13.5%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の2億3,510万ドルから、2027年までに3億8,990万ドルに達するでしょう。特に、このレポートは主要な世界市場シェア(売上高と収益)を示します企業、燃料タイプのセグメントは約70%を占める世界市場で比較的大きなシェアを保持し、国内空港はアプリケーションの面で重要なシェアを保持し、市場シェアの62%を占めています。 MarketInsightsReportsによる「GlobalAutomaticTransmissionTorque Converter Market Report and Forecast 2022-2027」というタイトルの新しいレポートは、世界の自動変速機トルクコンバーター市場の詳細な分析を提供し、主要地域などのセグメントに基づいて市場を評価します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしてい...
Uncategorized

自動車用フィルムの市場シェア、サイズ2022 | 世界の最新トレンド、成長、収益、需要、2027年までの予測で急速に出現| Eastman、Sekisui Chemical、Kuraray、Huakai Plastic(Chongqing)Co.

2022年の世界の自動車用フィルムの市場規模は1億3,268万米ドルで、2027年末までに1億4,622万米ドルに達し、2022年から2027年のCAGRは1.4%になると予想されています。 「グローバル自動車フィルム市場レポートと予測2022-2027」というタイトルのマーケットインサイトレポートによる新しいレポートは、主要地域などのセグメントに基づいて市場を評価し、世界の自動車フィルム市場の詳細な分析を提供します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしています。 (限定オファー:このレポートのフラット20%割引) サンプルレポートを入手:https ://www.industrydataanalytics.com/reports/global-auto-film-market?mode = 126 Eastman、Sekisui Chemical、Kuraray、Huakai Plastic(Chongqing)Co.、Ltd.、ChangChun Group、Kingboard Chemical Holdings、Zhejiang Rehone Plastic Co.、Ltd.、Zhejiang Decent New Material Co.、Ltd.、Weifang Liyang New Material Co. 、Ltd。、Wuning Honghui New Material Co.、Ltd. ...
輸入フルーツの価格高騰 円安や原油高で… 「今までにない店頭価格に…」
ニュース

輸入フルーツの価格高騰 円安や原油高で… 「今までにない店頭価格に…」

“映えスイーツ”にも彩りを添える「フルーツ」に値上げの波が押し寄せています。今後、価格はどうなっていくのでしょうか。フルーツの輸入や卸売りをする会社などを取材しました。東京・日本橋茅場町にあるフルーツショップに並んでいたのは、色とりどりのフルーツをあしらったスイーツです。鮮やかなオレンジやキウイなどがあふれんばかりに詰まっています。 店のスイーツに欠かせないのがアメリカなどからの輸入フルーツですが、円安や原油高の影響で、輸入もののフルーツは価格が上がっているといいます。 イマノフルーツファクトリー 今野喜彦店長「影響ありますね。何でも値段上がってきちゃってるんで」 仕入れ値は、去年と比べオレンジが2割、キウイが1割ほど値上がりしているといいます。スイーツに使うフルーツの半分ほどが輸入ものだということで、店では工夫もしているといいます。 イマノフルーツファクトリー 今野喜彦店長「(フルーツの)サイズを少し変えてみたりとか、切り方変えてみたりとか、そういった感じでいろいろやって」 先月下旬の輸入フルーツの卸売価格を去年の同じ時期と比べると、オレンジが1キロあたり62円値上がりするなど軒並み上昇しています。庶民の味方「バナナ」までも、1キロあたり13円値上がりしています。 東京・新大久保にある青果店を訪れた買い物客に話を聞くと、「毎朝、朝食で(フルーツを)食べているので、数をちょっと減らして食べるとか、ちょっと考えないとなと」と話していました。 この青果店では、先月から輸入フルーツの価格を見直したといいます。 新宿八百屋 廣田廣史さん「この辺の商品が上がっています」 仕入れ値が上昇したため、レモンを20円、アボカドを30円、キウイを1パック100円値上げせざるを得なかったといいます。 新宿八百屋 廣田廣史さん「お客さんの反応は『やっぱり高くなっているね』っ...