火曜日, 11月 29

タグ: ニューハンプトンの精度

Uncategorized

オートマチックトランスミッショントルクコンバーター市場の洞察2027年までの量、収益、シェア、サイズ予測に関する成長分析| Valeo-Kapec、EXEDY、Aisin、ZF、Yutaka Giken、Schaeffler、Precision of New Hampton

オートマチックトランスミッショントルクコンバーター市場は収益の面で2.9%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の3億5,614万ドルから、2027年までに3億9,935万ドルに達するでしょう。特に、このレポートは世界市場シェア(売上高と収益)を示します主要企業の中で、2018年の単段式の割合は約98%であり、オートマチックトランスミッショントルクコンバーターの割合が最も多いのは6ATトランスミッションで約66%です。 エプロンバス市場は収益の面で13.5%のCAGRを登録し、世界市場規模は2019年の2億3,510万ドルから、2027年までに3億8,990万ドルに達するでしょう。特に、このレポートは主要な世界市場シェア(売上高と収益)を示します企業、燃料タイプのセグメントは約70%を占める世界市場で比較的大きなシェアを保持し、国内空港はアプリケーションの面で重要なシェアを保持し、市場シェアの62%を占めています。 MarketInsightsReportsによる「GlobalAutomaticTransmissionTorque Converter Market Report and Forecast 2022-2027」というタイトルの新しいレポートは、世界の自動変速機トルクコンバーター市場の詳細な分析を提供し、主要地域などのセグメントに基づいて市場を評価します。レポートは、業界の最新動向を追跡し、市場全体への影響を研究します。また、SWOTおよびポーターのファイブフォースモデルに基づいて市場を分析するとともに、主要な需要と価格の指標をカバーする市場のダイナミクスを評価します。 このレポートには、パンデミック前後の市場シナリオの徹底的な分析が含まれています。このレポートは、COVID-19の発生中に記録された最近のすべての開発と変更をカバーしてい...